>  > 新人風俗嬢でパイパンなんです

新人風俗嬢でパイパンなんです

仕事が思ったよりも早く終わったので、ここぞとばかりに風俗利用です。受付け所は駅チカの裏通りの雑居ビルにあります。終電には間に合いたいので、すぐに案内してもらえる風俗嬢をお願いしました。生写真が出てきて女の子の写真を3枚見せてもらいました。この時間で3択とはけっこうラッキーというか運が良かったですよ。いつもならすぐの案内は無いか、いても女の子一人で選択肢がなかったりするので、3人の中から選べるというのはある意味とてもラッキーなのです。それでも3択というのが悩みどころなのですけどね。このときは一番若い女の子をチョイスしました。やっぱり選択肢があれば若い子を優先してしまいますね。眼の大きくてクリクリしたキュートな女の子で、まだ新人ということですけど、お店のスタッフいわく、すぐランカー入りする女の子ということでこれはおおいに期待が持てます。実際に会ってみると可愛い女の子でした。そして服を脱いでわかったのですけど、パイパンおまんこです。これは天然物みたいでラッキーかも。

風俗はある意味自分との勝負かもしれない

風俗では女の子次第だとは思うんですけど、ただすべてって訳じゃないんですよ!女の子、そして何より自分ですよ!自分がどうあるべきか。これは結構大切です。自分はソープ派で、風俗と言えばソープなんですけど、女の子任せにしていてはダメというか、そこまで面白くないんです。でも自分からアグレッシブにいろいろと攻めたりすると、やっぱりそれはとっても楽しいんですよね。だってそういった時間ってなかなか無いじゃないですか。それに自分から攻めたり動いたりって、自分にとって不本意な事はしないと思うんですよね(笑)自分の思うように動く事が出来るんですから、女の子任せというよりも、ある意味自分との勝負なんじゃないかなと!自分であれこれ動いて頑張って快感に到達する。でもそれはちゃんと女の子と一緒にですから、だからソープが好きなんですよね。ただ、ソープだからって言っても女の子任せにしない。それが自分のポリシーのようなものかもしれません。

[ 2016-09-25 ]

カテゴリ: 風俗体験談